読めば分かる!キャバクラのお仕事とは?

こんにちは、くしまんです!

キャバ嬢のお仕事って、どんなイメージですか?
お酒を作ってお客さんとお話しする?ドレスで可愛く着飾って高いお給料がもらえる?

どれも正解であり間違いです。キャバ嬢のお仕事って想像以上に大変なんですから!

 

くしまん
ご自分の個性に合った働き方のできるお店を探してみてくださいね✨

店内編

待機

お客さんの席に呼ばれるまでキャバ嬢は「待機」します。

座って待つか立って待つかはお店によります。待機中も仕事の一部であることを忘れずに。
暇だからといってスマホをいじっていたりすると、お給料を減らされるケースもありますので注意してくださいね。

お客様の席へ

ボーイさんに「あちらのお客さんの席に着いて」と言われたらいよいよあなたの出番です!
黙って席に着くよりも、座る前に軽めの挨拶をすると好印象ですよ。

自己紹介

キャバクラでは自分の名刺は必須アイテム。
初めての挨拶をするタイミングでお客様に渡すのがベストです。
名刺にも自分の個性を出すぞ!くらいの気合を入れましょう。名刺の裏にちょっとしたメッセージを添えるだけで、お客様の印象に残りやすくなります。

お酒を作る

お酒を作るときは、お客様に「お酒は何がいいですか?」「どれくらいの濃さがお好きですか?」と聞きます。
慣れないうちはお酒を作るときに無言になりがちですが、NG行動です。作りながらも笑顔で話しを振って、会話が途切れないように頑張ってください。

ドリンクの消費量は“お店の売り上げ&あなたのお給料”に即つながりますから、お客様のグラスが半分以下になるタイミングで新しくお作りしましょう。

テーブルをキレイに

テーブルの周辺をつねにキレイにしておくことはキャバ嬢の大切なお仕事の1つです。
可愛いキャバ嬢と話しが盛り上がって楽しくお酒を飲んでいても、テーブルの上がぐちゃぐちゃではお客様は興ざめです。
“気配り上手”をアピールするためにも、テーブル周りをあなたの手で完璧に整えましょう。

指名交渉って?

指名交渉は、場内指名をしてもらうためにお客様と交渉をすることです。
大体のお店では30分ごとに女の子をチェンジしますので、ボーイさんから席を変わるように声をかけられたタイミングが交渉の最大のチャンス!

「もっとお話ししたかったな…」「〇〇さんと一緒にいたいな」など、ちょっと甘えた感じで間接的に交渉するのがコツです。

連絡先を聞こう!

お客様の連絡先は必ず聞いておきましょう。
連絡先の交換はキャバクラでは当然、というかしないほうが非常識になります。
指名を貰えなくても凹まずに、連絡先だけは必ず交換してくださいね!

メールで地道に営業を

指名を取るためには地道な営業努力が必要です。
お客様がきてくださったら翌日までにはお礼のメールやLINEを送りましょう。
ぶっちゃけ、また来ていただくための営業メールですが、相手にそれを悟らせてはいけません。

お客様が楽しんでいる疑似恋愛に水を差すことなく、「また会いたいな」と思わせるような文面を考えてくださいね。

店外編

同伴

お店が始まる前にお客様とお食事などをしてから、一緒に入店することを同伴と言います。お気に入りの女の子とはプライベートでも仲良くしたいのがお客様の本音。
店外でたまにデートしてくれる女の子の方がウケが良いのは当然です。

同伴はお店側にもメリットが。早めの時間帯はお客様が少ないので、同伴でお客様を連れて来てくれる女の子はお店からも重宝されます。
お給料とは別に同伴手当(同伴バック)がもらえたり、同伴回数が多くなれば時給がアップしたりするケースもあります。

アフターにお付き合い

アフターとは、お仕事が終わった後にお客様と会うことです。同伴の逆パターンですね。
お店の売り上げには直接関係のないアフターは、いわばキャバ嬢からのサービスです。
よく指名してくれるお客様や、今後指名してもらいたいお客様からお誘いを受けたときは、何回かに1回はOKすることをおススメします。

まとめ

ざざっとキャバクラのお仕事の基本をご説明しました。

入店したての頃は大体の流れをつかんでおく感じで大丈夫。
先輩キャバ嬢の接客術を見ながら、だんだんとお仕事に慣れていきましょう。

 

くしまん
初めから完璧な接客を目指すよりも、どうすればお客様に楽しい時間を過ごしてもらえるのかを考えて実行する姿勢が大切です!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事