プライベートで会おうと言ってくる痛客を指名につなげる方法はあるのか

こんにちは。くしまんです!

キャバクラで働いているとLINEを交換したお客様から「プライベートで会おう」というお誘いを受けることがあります。

くしまん
こういったお客様にお店に遊びに来てもらうためにはどのような駆け引きが必要なのでしょうか? 

なぜプライベートで会いたがるか

お客様がプライベートで会う理由は大きく二つあります。

 

・お金を節約したい

・お店の外の方が口説きやすいと思っている

 

おそらくこの両方の場合が多く、しかもこの手のお客様は「キャバ嬢を店外デートに持ち込むのが夜遊びの醍醐味」という間違った認識を持っている場合が多いです。はじめから店外で口説くことを目的にしているお客様は、お店にお金を極力落とさないようにします。

女の子のお給料にも反映されませんし、まともに相手するメリットがありません。

 

しかし、あからさまに邪険な態度をとると席の雰囲気もおかしくなりますし、来店中はなんとかやり過ごす女の子がほとんどでしょう。

くしまん
退店後にしつこく店外を誘ってくるような場合は、教育をするか毅然とした態度で望む必要があります。

同伴じゃないとデートできないと教育する

店外デートにしつこく誘ってくるお客様は、そもそも女の子の給与システム等を全く理解していないケースもあります。「外で美味いもの奢ってもらえるんだからラッキーなんじゃないの?」くらいで考えている人もいるでしょう。

特に若い客に多いです。

くしまん
中高年で店外デートに誘いまくる客は、おそらく痛客です。

基本的に外でデートする場合は、その後一緒にお店に行くことが条件であるということははっきり伝えましょう。「あなたと過ごす時間はすべて仕事」ということを理解してもらわなければなりません。デート中にご馳走してもらったとしてもそれで男性が優位に立つことは何一つないのです。お店に来てもらわないと時間と体力の無駄遣いになってしまうのです。

 

もし、「同伴でお店に行くとお金がかかるから嫌だ」というようなお客様は、まともに付き合っていても無意味です。ただ、それを直接伝えると角が立つので、LINEのタイムライン等を使い同伴でいったお店の料理などをアップしていく等は効果的です。同伴が多い子だということが伝われば、痛客は諦めて引いていくケースがあります。

アフターは必ず当日店に来てもらってから

お店が終わった後にデートしようというアフターの誘いも多いでしょう。この場合は付き合ったところでその日の売り上げには一銭も貢献しませんので、お店に来てもらったらアフターに付き合うという条件を徹底してください。

 

「お店でお金使うよりも二人きりで贅沢しよう」などといってくる客は勘違いしているので、「来店していない客とアフターしてたらお店に怒られるからお店に来て」と伝えるようにしましょう。 

まとめ:店に来ないで店外ばかり要求する客は切ってよし

欲を言えば、全てのお客様にお店に来てもらって、その中から良質な客の同伴をするというのが理想ですが、やはり痛い客はいます。

くしまん
売り上げが全く期待できない男性は客ではありませんので、見切りをつけるのも必要です!

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事