指名客の来店につなげるための、キャバ嬢LINE(メール)テクニック!

こんにちは。あずあずです♪

LINEはお客様との関係性を密にし、お店に再訪してもらうためには大変便利なツールです。

最大限効果を出すためにはどのような考え方で臨めばいいのでしょうか?

あずあず
では、あずあずが指名で来店してもらえるようなLINE(メール)テクニックをご紹介します!!

一番効果的なのはLINEを継続して送ること

来店当日のお礼メールはほとんどのキャバ嬢が送るでしょう。問題はその先です。多くのキャバ嬢は、イベントの前や売り上げがやばくなった時など、自分の都合でお客様にLINEを送ります。これでは単なる営業LINEだと思われてシカトされても仕方ありません。

 

お店に来てもらうためには普段から何気ないコミュニケーションをとっておくことが大切なのです。LINEの最後は、「暇な時店に来てくれたら嬉しいな」などのクロージングをする必要はありますが、週に1回程度何気ない話題をLINEで送るのは有効です。

 

お店で話したことを踏まえてLINE上で会話をすることによって、お客様もキャバ嬢に対するイメージが深まっていきます。

お客様
結構やりとりしてるし、もう一度くらい遊びに行ってやるか

と思うようになる可能性は割とあります。

 

しかし、ここまでいくためには地道なLINEが必要です。もしかすると次にお店に来るまでに1ヶ月、2ヶ月は空いてしまうかもしれません。その間返信が途切れることもあるでしょう。

しかし、めげずに続けることによって「この子ちょっと他の子と違うな」とか「久々にキャバクラ行くけど、どうせなら今まで連絡くれたこの子のところ行くか…」となるわけです。

あずあず
継続は力なり、ですね!

写真をつけるのもGOOD!

また、来店まで期間が空くことを考えると写真は積極的に添付した方が良いです。

女性の顔やルックスを定期的に思い出してもらい印象付けることで、男性としてはすごく親密な関係のような気がしてくるのです。

あずあず
お店の写真だけでなくプライベートの写真等は特に効果的です!

何かしらの返信が来たら可能性はある

「もう送ってこないで」的なラインを男性からもらうことはあるでしょう。しかし、本当に嫌だったらブロックすればいいだけの話なので、そこで諦めるのは正直勿体無いです。「他の客にも送っているような営業LINEだったらいらない」という意味かもしれません。

 

ですのでブロックされない限りは、何度か粘ってみるのもありです。「何か気を悪くした?」的なところから始まり、相手の気持ちを聞き出しましょう。

あずあず
あなたはお客様として特別なんだよということが伝われば逆転もあり得ます!

まとめ:LINEはとにかくマメに!粘り強く!

LINEは本当に手軽にお客様とやりとりできるツールなので、積極的に使わないのは勿体無いです。

あずあず
マメに粘り強く、連絡をとり続ければ指名客はどんどん増えていきますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事