キャバ嬢デビュー前に!キャバクラのお仕事って?

こんにちは。くしまんです!

ナイトワーク未経験の子だと、キャバ嬢の仕事って

「お酒作って隣に座ってお話してればいいんでしょ」「キラキラしていてみんな可愛くって、お給料もたくさん貰えてなんて素敵☆」

だけど、具体的な仕事内容ってどんなものなんだろう…?と思うことはありませんか?

くしまん
「キャバクラで働いてみたいな」と思っているあなたに、キャバ嬢の実際のお仕事の流れを解説するね♪

 

店内では

待機

待機というのはお客さんの席に着くまで待っている状態の事です。

お店によってこの待機の仕方が様々で、座って待機できるお店もあれば立って待機するお店もあります。
待機は休憩ではないので待機中にゲームなどをしていると、時給をカットされてしまったりする事があるので気を付けてください!

お客様の席に着く

お客さんの席に着く時はボーイさんに
「あのお客さんの席着こうか」と言われます。
実際に席に着いて接客するのですが、隣に座る前に軽い自己紹介も含めて挨拶をしましょう。

自己紹介

キャバクラでは必ず自分の名刺を作って接客するお客さんに渡します。
人によって名刺を渡すタイミングはバラバラですが、最初の挨拶の時に渡すのが一番いいと思います。

名刺は自分をお客さんに売り込む為の必需品なので必ず渡すようにしましょうね。

くしまん
名刺の裏などに一言メッセージを書いたりするだけで印象アップに繋がるので試してみるのも◎だよ!

 

お酒を作る

挨拶が終わったらお客様のお酒を作ります!何を飲むか、どれくらいのお酒の濃さが良いかを確認してからお酒を作りましょう。

好きなお酒を聞いたり話題を振ってお酒を作っている間も会話をしましょう♪2杯目からは「次は薄目に」など特別なご注文がない限り同じ量でOKなので、何度も同じ質問をしないように心がけましょう。

キャバクラのお仕事は売上げが命ですから、たくさんドリンクを飲んでいただけるようにペースをコントロールするのも一つの技です。お客様のグラスが半分以下になったら、積極的にお作りしましょう。

くしまん
タイミングを見て「次は濃い目にしちゃう?♡」と可愛く提案してみるのも手だよ♪

 

テーブルを作る

テーブル周りを綺麗にするのもキャバ嬢のお仕事です。
大きなキャバクラなどお店によってはボーイが担当する場合もありますが、キャバ嬢がやってマイナスになることはありませんので、気が付いたら積極的に行うようにしましょう!

くしまん
「気配りのできる女の子」はお客様からの印象がとても良いよ♪

 

「気配りのできる女の子」はやはりお客様からの印象がとても良いです。

具体的には・・・
  • お客様のグラスの水滴をハンカチでこまめにふく
  • 氷がなくなりそうなら新しい物に変える
  • 灰皿をこまめに交換する(1~2本ごとに交換して常に新しい状態をキープするのがベスト!)
  • お客様のタバコに火をつける
  • おしぼりをたたむ など

テーブルの上は常に綺麗にしておくように心がけましょう。
どんなにお話が楽しくて盛り上がったとしても、テーブルをぐちゃぐちゃの状態にしてしまっては華がありません。グラスの水滴拭きはお客様に水滴が垂れることを防ぐためでもありますが、お酒の残量の確認にも役立ちます。

他には、お客様がお手洗いに立たれた際に、使っていたおしぼりを下げ、新しい物を持ってお手洗いの近くでお出迎えしましょう。細やかな気遣いが指名につながっていく大事な一歩です!

指名交渉

指名交渉というのは場内指名をしてもらう交渉の事です。
お店にもよりますが、大体女の子は30分ごとに女の子をチェンジします。

名前を呼ばれて、お席を抜けるようボーイさんから声がかかったタイミングが場内指名の交渉がしやすいタイミングです!指名交渉の仕方としてストレートに「指名してください!」と言うのではなくちょっと遠まわしに交渉する方が指名の確率も上がりますよ!

「もっと一緒にお話ししていたかったな…」
「すごく楽しかったのに、他に行くの嫌だな」

なんて言いながら軽いボディータッチなどをすれば指名確率も上がります。
しかし、お客様の中にはあまりしつこい指名交渉やボディータッチを嫌がる方もいるので注意しましょう!

連絡先を聞く

タイミングはキャストさんによって違いますが、連絡先は必ず聞くようにしましょう
キャバクラで働いていてお客さんと連絡先を交換しないキャバ嬢はまずありえません。
指名を貰えなかったとしても必ず交換するようにしてくださいね!

営業メールを送る

キャバクラのお仕事はお店の中だけには留まりません。お店が始まる前や、終わった後にもお付き合いが必要です。

指名を確実にとっていくために必要不可欠なお仕事だと言えるでしょう。まずはお客様がいらした日の仕事終わり、または翌日までにお礼のメールやLINEを送りましょう

また来店していただく事が目的ですが、営業っぽさが出てしまうのはNGです。

くしまん
男性はお金を払って疑似恋愛を楽しみにキャバクラへ来ているので、あくまでも「営業感」は出さず、自然と会いたくなるような言葉をかけることが大切だよ♪

 

週に1回程度で良いので、たとえ返事がなくても思い出してもらえるように写メなどを付けつつ連絡してみましょう。

同伴する

同伴とは、お店が始まる前にお客様と会って、お食事などをしてから一緒に入店することを言います。
お仕事の前にデートをする、といったイメージです。

お客様は基本的に気に入った女の子とはお店以外で会いたいと思っていますから、店外で全く会ってくれない女の子より、たまにデートしてくれる女の子の方が断然良いのです!

 

また、同伴はお客様が少ない早い時間帯の売上に繋がるため、お店側から見ても女の子の評価が上がります。
“同伴バック”と言い、時給とは別に同伴手当としてお金がもらえたり、回数を重ねることで時給がアップする場合もあります。

お店にとっても女の子にとっても良いことづくしなので、お誘いがあったら積極的に受けるようにしましょう。

アフターに行く

アフターとは、お仕事が終わった後のプライベートな時間にお客様と会うことを指します。
仕事で疲れて早く帰りたいところではありますが、「同伴ばかりでアフターは100%断られる…」となれば、お客様も”売上のためにしか会ってもらえない”と感じてしまいます。

アフターはお店の売上げには直接関与しないため、お店からのバックなどはありません。いわゆるキャバ嬢からのサービスです。

しかし、深夜に店外でお客様と会うのは少なからずリスクが伴うため、何度か通っていらして安心できる相手かどうかを見極めてから行くようにするのが得策です。

アフターは同伴と違いあくまでサービスですから、お誘いを毎回受ける必要はありません。多くても3回に1回程度にとどめて、”今日は来てくれるかな?”という期待を持ってお店に通ってもらえるようにコントロールできれば上出来です!

まとめ

以上がキャバ嬢のお仕事の流れになります。

最初はキャバクラって大体こんな流れなんだという感じで大丈夫です。やっていくうちに自然と身に付いていきますし、先輩キャバ嬢の接客を参考にするのも良いと思います。

最初からうまく接客や営業ができる事はありません。それは大半のお店の人も理解してくれています。結果を出せる出せないはひとまず置いといて「お客さんを頑張って掴むぞ」という姿勢が何より大事なんです。

同じ結果が0でも、頑張っているキャストと頑張っていないキャストではお店の人からの見え方や扱い方も全く違います。自分が働きやすい環境、居心地の良い環境にするためにも、頑張る姿勢を大事にキャバ嬢をはじめましょう♪

どこのお店があっているのかわからない、不安だから相談したいという方は姫ハロがあなたピッタリのお店をご紹介いたします。

くしまん
お気軽にご相談くださいね♪
姫ハロスタッフに相談する
姫ハロ くしまん あずあず

キャバクラで働きたい女の子、ナイトワークのお仕事をお探しの女の子は、気軽に相談してね♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事